排卵検査薬のタイミング

排卵検査薬が1本69円 - 通販で購入できるおすすめの排卵日検査薬

排卵検査薬で妊娠のタイミングを計る

少しでも早く赤ちゃんが欲しいと思っている方、なかなか出来なくてタイミングを窺っている方、不妊治療の一環としてという風に、色々な理由で排卵検査薬を使っている女性はたくさんいますよね。

排卵検査薬は黄体形成ホルモンの分泌量を調べることで排卵日を特定するためのもので、基礎体温よりもずっと高い確率で正確に排卵日を特定することができるという優れものです。使い方自体は妊娠検査薬と同様、尿検査という形になりますが、使うタイミングが妊娠検査薬とは違いますので間違えないようにして下さいね。

メーカーや種類によっても若干の誤差はありますが、一般的には排卵検査薬で強い陽性反応が出てから12~48時間で排卵が起こると言われてます。そのタイミングでパートナーと性交渉を持つと妊娠する確率が高いと言われてます。

そうはいっても、どんなに排卵日を狙って性交渉を持っても、一生懸命タイミングを窺って赤ちゃんを授かろうとしても、あくまで赤ちゃんは授かりものですから、排卵検査薬を使ったとしても100%妊娠するとは言えません。

ただし、何も下準備をしない状態で赤ちゃんを授かろうとするよりも、基礎体温をつけ、排卵検査薬を使い、そうやってタイミングを狙う方が赤ちゃんを授かる可能性が高くなるのは事実です。ですから、妊娠を望むならば排卵検査薬を使ってタイミングを窺うのはベストな方法だとも言えます。