酢と爪水虫

爪水虫(爪白癬)を完治させる市販薬<クリアネイル&チモールリキッド治療法>

爪水虫は酢では治せません

水虫になったら酢に足を付けると治るという噂があります。酢には殺菌効果がありますから、薬が開発されていなかったり、薬が一般的でなかった時には、水虫になったら酢に患部を浸すという方法が取られてきたようです。

では、実際に水虫が酢で治せるのかどうかというと答えはノーです。酢には殺菌効果がありますから、その殺菌効果で表面に存在する水虫の症状が一時的に改善されますが、根本的に治すということは出来ません。

酢では皮膚の奥までは浸透しませんので、皮膚の奥にまで入り込んだ白癬菌を完全に退治するということは不可能といえます。

これは水虫だけに限らず、爪水虫でも同じことがいえます。特に爪水虫の場合は、爪に白癬菌が入り込んだ状態ですので、通常の皮膚よりもさらに固くて厚みのある爪には、ほとんど効果はないようです。

爪水虫は一般的に先ほど書いたような爪の特徴のため、塗り薬では治療が出来ないと言われてるくらいですから、酢だけでは効果が得られないというのはうなずけるのではないでしょうか。

酢のあの独特な匂いが苦にならない人で、一時的な改善や予防という意味では酢には効果があるといえそうですが、治療や完治という点では酢だけでは無理ですので、あきらめて病院へ行って治療を受けるのが賢明といえそうです。

column

HOMEへ戻る