爪白癬の治療

爪水虫(爪白癬)を完治させる市販薬<クリアネイル&チモールリキッド治療法>

爪白癬の治療は途中でやめないこと

治療期間が半年~と長く、痛みや痒みといった症状がほとんど出ないことも手伝って、定期的な通院が面倒になったり、症状が改善されたから治ったと勝手な自己判断で、途中で治療やめてしまうことが多いものの1つに爪白癬があります。

爪白癬というのは、白癬菌に爪が感染することで起こるメジャーな感染症の1つです。爪白癬になると、爪が白っぽく変色したり、黄色っぽく変色したり、爪の表面がボロボロになったり、爪が異常な厚みを持ったりといった症状が出ます。

ただ、先ほども少し書いた通り、同じ白癬菌が原因の水虫とは少し異なり、爪白癬の場合は痛みや痒みといった症状が出ません。そのため、感染していてもなかなか気づきにくく、気づかないままそのまま過ごしている人もたくさんいます。

爪白癬の治療は、殺菌効果の高い飲み薬が用いられるのが一般的で、塗り薬と違って塗り忘れるということがないのが良い所です。しかし、この飲み薬は薬の効果の強さと長い期間に渡って服用することから、肝機能の低下という副作用が現れる場合があります。治療している間は、定期的に血液検査を行い、肝機能に影響が出ていないかのチェックが欠かせなくなります。

治療にかかる期間は大体半年程度ですが、症状の度合や状態によっては、もっと期間が長くかかることもあります。爪が綺麗に生え変わるまでが治療期間になりますので、その間は薬の服用を続け、定期的に通院し、医師の指示に従うことが大切になります。

爪白癬はほとんどの場合、完治させることが可能です。しかし、最初に書いたような理由で途中で治療をやめてしまう人も多いです。途中で治療をやめてしまうと、白癬菌が死滅せずに残ってしまい、再発再発といったことになりますから、爪白癬の治療は途中で諦めず、投げ出さず、根気強く続けていくことが大切になります。

column

HOMEへ戻る