クリアネイルの副作用

爪水虫(爪白癬)を完治させる市販薬<クリアネイル&チモールリキッド治療法>

クリアネイルは副作用の心配が不要

爪水虫の治療となると日本の病院では、殺菌作用の高い飲み薬を使う場合がほとんどです。ただこの飲み薬、殺菌作用の高さからと服用する期間が長くなることから、副作用で肝臓の機能を低下させてしまうことがあります。

病院で爪水虫の治療を受ける場合、定期的に血液検査を受けて、肝機能に問題がないかを確認しながら治療が進められていく形になります。爪水虫を完治させるために薬を使うのに、他の部分に問題が生じるかもしれないという不安を抱えながらというのは、なんだかな~という感じですよね。

爪水虫の治療に何故塗り薬が使われないかというと、爪は厚みが厚く、塗り薬では浸透しにくいということからなんですよね。爪に塗り薬を塗っても、浸透する前に蒸発してしまい、表面にしか効果が出てこないため、爪水虫のように、爪の奥の奥まで薬を浸透させる必要のあるものの場合、効果が半減されてしまうんです。

その点、アメリカでも品薄になるくらい人気の高い爪水虫の治療薬であるクリアネイルは、爪の奥の奥までぐんぐん浸透する脅威の浸透力がある市販薬です。今までの塗り薬では治療できないという考えを見事に覆してくれちゃう薬なんですよね、このクリアネイルって。

クリアネイルは塗り薬ですから、副作用の心配も一切ありません。副作用の心配がないというのは、長期間に渡って使う必要のある薬にとっては、この植えなくありがたくて嬉しいことではないでしょうか。

通販サイトなどで簡単に購入することができますから、爪水虫で悩んでいる方や爪水虫化もしれないと不安を覚えている方なんかは、病院へ行く前に一度、クリアネイルを試してみるのもいいかもしれませんよ。

column

HOMEへ戻る