爪水虫の新薬

爪水虫(爪白癬)を完治させる市販薬<クリアネイル&チモールリキッド治療法>

爪水虫の新薬に興味津々

テレビコマーシャルなどで認知度が格段に上がった爪水虫ですが、悩んでいる人からすると、認知度が上がったことにより、素足になることに抵抗が出てきてしまった人も少なくないといいますから、認知度の上昇は良かったのか良くなかったのか微妙ですね。

爪水虫は病院できちんと治療を受ければ完治させることが可能なものです。でも、通院期間や治療期間の長さから、途中で治療をやめてしまう人や嫌になってしまうという人ももけっこういるようです。

爪水虫の治療期間は飲み薬の治療であろうとレーザーによる治療であろうと概ね半年程度です。爪が生え変わるまでが治療期間になりますから、手の爪よりも伸びるのが遅い足の爪であれば、やっぱり半年程度はかかってしまうものです。

病院で治療を受けるとなると飲み薬によるものが日本では一般的ですが、欧米では塗り薬による治療も多いみたいです。爪は厚みが厚くて固いため、塗り薬では奥まで浸透しにくいということから、日本では飲み薬による治療が一般的だそうです。でも、爪水虫の治療のための新薬が開発され、あとは発売開始を待つだけとなってますから興味津々です。

この新薬ですが、欧米で用いられているものとは異なるタイプの塗り薬だそうです。一体どんなものなのか気になりますよね。今までは爪水虫の治療といえば副作用の心配がある飲み薬がメインでしたが、この新薬が発売されたら、爪水虫の国内における治療法ががらりと変わるかもしれませんね。

column

HOMEへ戻る