爪水虫を薬で治す

爪水虫(爪白癬)を完治させる市販薬<クリアネイル&チモールリキッド治療法>

爪水虫は市販薬で治るもの?

水虫の中でも厄介者だと言われているのが爪水虫ですね。爪水虫は痒みや痛みなどの自覚症状がほとんどなく、見た目的なものでしか自覚することができないものなので、爪水虫になっていても気が付かないという人が多いようです。

爪水虫は病院へ行って治療を受けないと治せないと言われてますが、水虫用の市販薬や爪水虫用のクリアネイルなどの輸入のものでも治せないことはないみたいです。

爪水虫になると爪がボロボロになってしまったり、厚みが増してしまったり、爪が変色してしまったりといったことが起こります。爪は固くて厚みがあるため、塗り薬では奥まで浸透することができず、奥まで浸透する前に蒸発してしまうという難点があります。

そこで、市販薬を使う場合は、その爪水虫になって厚くなってしまった爪をヤスリなどでなるべく薄く削り落としてから、塗り薬を塗るといいと言われてます。爪の厚みを薄くすることで塗り薬を浸透しやすくし、奥まで効果があるようにすることが可能になります。ただ、あまり薄く削り過ぎてしまうと、削り過ぎで痛みが出ることもありますから、削り過ぎには注意が必要です。

薬局などで販売されている水虫用の市販薬でも白癬菌を退治するという意味では同じなので、今書いたように爪を薄く削ってから市販薬を使用するという方法で治せる場合もあります。

ただし、市販薬で爪水虫が治る確率は100%ではないので、使用してしばらくしてみても効果を感じられない場合や改善が見られない場合には、市販薬の使用を続けるのではなく、おとなしく病院へ行くようにしましょう。

column

HOMEへ戻る