爪白癬の爪切り

爪水虫(爪白癬)を完治させる市販薬<クリアネイル&チモールリキッド治療法>

爪白癬の爪を切る時のコツ

爪白癬になっている人の爪というのは非常にもろく、爪切りなどの衝撃で簡単に割れてしまったり剥がれてしまったりします。爪切りはもちろん、ニッパーで切っても同じですが、ちょっとしたコツを抑えると上手に切ることができますよ。

爪白癬の症状の度合にもよりますが、軽度のうちであればまだまだ爪はしっかりとしていますので、いつも通りに爪切りで切っても支障はないと思います。ただ、だんだんと症状が進んできていて、ボロボロになっていたり、厚みを増していたりすると、爪切りやニッパーでは上手く切ることができなくなってきます。

そんな時は、お湯で足を温めて、爪が柔らかくなった状態にしてから爪切りで切ると上手に切れます。その時に上から爪を抑えるような感じで切るのもいいかもしれません。

爪を温めて柔らかくすることで、爪切りやニッパーによる衝撃が少なくなります。なんでもない正常な爪でも温めてから切った方が楽に切れますので、爪白癬になっている爪だけに限らず温めてからというのは爪切りの際の1つのコツといえます。

爪白癬は特に高齢の男性に多いと言われてますから、ご本人が上手に切れなくて困ってるようであれば、ご家族の方がアドバイスしてあげるのもいいかもしれませんね。ただし、使用後の爪切りの消毒は忘れないようにお気を付け下さい。消毒をしないで使い回しをすると、爪白癬が周囲にもうつってしまいますから。

column

HOMEへ戻る