爪の白癬菌

爪水虫(爪白癬)を完治させる市販薬<クリアネイル&チモールリキッド治療法>

大変厄介な爪の白癬菌

いつどこで誰からもらってくるか分からないけれど、気が付いたら感染してるというのが白癬菌ではないでしょうか。白癬菌といえば水虫の原因になる菌ですけど、これに感染して1番厄介だと言われるのが爪白癬ですよね。これ、いわゆる爪水虫というものです。

爪白癬菌は痛みや痒みなどの白癬菌に感染した時に多く現れる症状がほとんど出ず、外見的な症状でしか素人目には判断が出来ないので、感染していてもなかなか気が付かず、治療を始めるのが遅くなってしまったり、治療に至らないでそのままということが多いものです。

爪白癬菌に感染すると出てくる主な症状は、爪が白や黄色に変色すること、爪の表面がボロボロになること、爪に妙な厚みが出てくることが挙げられます。中には爪の周辺部で炎症を起こすこともあります。

爪白癬菌に感染した際の治療期間は爪が生え変わるまでとなりますので、最低半年近くに渡っての長期の治療が必要となります。治療期間が長いこともあってか、途中で嫌になって治療を投げ出してしまう人も少なくありません。

症状が改善されたからといって治療を途中でやめてしまうと、爪が生え変わるまでは今まであった爪に残っている菌がそのまま存在しますので、完治することなく延々と症状が出てきます。医師が良いというまで治療を投げ出さないのが重要になります。

治療期間が長く、治療のために服用する飲み薬の強さから、肝機能の低下を招くという副作用が起こることもあります。治療期間は定期的に血液検査を受け、肝機能の状態を確認していくことが必要になります。

治療期間の長さ、治療に使われる薬による副作用の可能性、そして、自覚症状が分かりづらいということ。これが爪白癬菌が厄介なものだと言われる所以なのかもしれませんね。

column

HOMEへ戻る