ラティース

ラティース(ラティッセ)を激安通販で最安値にて購入できます

ラティースを通販で求める方は多い

アラガン社が製造するラティース(ラティッセ)は、日本の厚生労働省にあたるアメリカFDA(食品医薬品局)が、まつ毛の発毛や育毛に対する有効性を認めたビマトプロストを有効成分とする、世界初で唯一のまつげ育毛剤です。

ビマトプロストを含有するまつげ育毛剤といえばルミガンが知られていますが、ルミガンに専用アプリケーターを付属してパッケージ化しリネーム後、まつげ育毛剤としてブランディングさせたのがこのラティース(ラティッセ)。

世界のセレブが愛用するラティース(ラティッセ)は通販での購入が可能で、現在では日本でも通販でどなたでも気軽に購入することができることから、ブランド志向でワンランク上を目指す女性たちから圧倒的な人気を集めています。

ラティースに含まれるビマトプロストの効果

ビマトプロストは、ルミガンの主成分で緑内障の点眼薬として使用され、その使用者に”まつ毛が伸びる効果”が広く認められました。

ビマトプロストの主な作用としては、毛包を刺激し生成を促す・毛周期の成長期を伸ばす・メラニン色素の生成を活性化させるなどがあります。

現在、まつげ美容液なども話題になっていますが、”美容液”と呼ばれるものにはまつ毛の育毛や発毛効果を期待することはできません。

米国FDAがまつげの育毛に有効であると認可している成分はビマトプロストしかないため、このラティース(ラティッセ)が注目を浴びているのです。

ラティースを使う意味を検索しようとしたらラティースって言葉の意味をGoogle先生は教えてくれました

ラティースって使う意味あるのかなあとふと思った私です。だって、ラティースと同成分、同効果で安いルミガンとか、そのジェネリック医薬品のケアプロストとかが市場に出回ってるんだから、わざわざ高いラティース買う人っているのかなって思ったのです。もちろん、ラティースがまつげ育毛剤のさきがけ的な存在だってのはあると思います。ラティースこそ、まつげを育毛するためにつくられたまつげ育毛剤で、ルミガンとかは緑内障用の目薬の言わば裏技的な使い方を推奨してるやつみたいなノリがありますもんね。そんな大袈裟な話ではないだろうけど、曲がったことが大嫌いな人の中にはラティースを選ぶ人もいるかもしれないし、成分は一緒と言われてもラティースじゃなきゃ信用できないって人もいるんでしょうね。私は正義感が強いほうではないし貧乏だから迷わずルミガン、そしてケアプロストと流れて行ったけどね!ちなみにラティースって言葉の意味は「格子」だって。ぴんとこねえ。

ラティースを使って眼力アップをはかればメイクが楽になるって魅力的

まつげのケアをすることで毎日のお化粧が格段に楽になります。ラティースなどのまつげ育毛剤を使えば、まつげが濃く強く伸びて増えますから、マスカラやアイラインなどを引かなくても十分に目元が引き立つようになる、人もいるのです。顔の印象は目が占めるところが大きいですから、自ずとメイクも目が中心になりますよね。そんな目元にあまり時間をかけなくても良くなるということはお化粧自体がとても楽になるということなのです。メイクにあまり時間がかからないということは、内心すごく優越感を感じることだと思います。お仕事前に余裕がある。少しくらい手を抜いても見た目はきれい。もちろん誰がメイクに何時間かけてるかなんてぱっと見で分かることではないですが、明らかに時間がかかってそうな人や全然時間かかってなさそうな人って分かるものです。できれば後者になりたいものです。周りからあの人素がいいからお化粧楽そうって思われたい。いやむしろ言われたい。目元がぱっちりしてるからお化粧楽そうって。嫌いな人とか相手だったら、そうですね、あんまりお化粧の意味って分かんないけど一応社会人だからしてるって感じですねって言ってみたい!だからもちろんそんな人にはまつげ育毛剤の存在をひた隠しにしたいのですが、これだけ話題になればもうそれも無理そうですね。

ラティースを使えばすっぴんに自信がつくこと請け合いです

男性は女性のすっぴんが好きだとよく言いますよね。女性のすっぴんなら無条件で好きだとなんか思っていません。男性はこういう女が好きっていうときは必ず、ただし可愛い子に限るという注釈が必要なことくらいわかっています。つまり、素が悪い人はすっぴんになろうが色白だろうが関係ありません。そんなこと分かってます。そして多くの場合女性は慎ましいものですから、自分の素顔が可愛いだなんて思ってません。普通に見せられないと思っています。ちなみにどれだけ可愛い子でもこの慎ましい態度は必要です。それは可愛さに磨きをかけますし、そんな女の子が見せる恥らった素顔、ちょっと自信なさげで、化粧してるときとは違う気の抜けたような顔がたまらない、というのが男性の本音なのです。多くの女性はだからこそ、素顔に磨きをかけることに余念がありません。ラティースをはじめとするまつげ育毛剤は、顔の印象を左右する目元、目元の印象を左右しまくるまつげを美しく、長く、濃くするためのものです。ほんとにまつげが長いと短いとでは顔の印象が雲泥の差ですもんね。ほんの数ミリの差なのに、その数ミリが人生レベルの影響力を持つことがあるのです。もっと自分を磨きたいと思っているあなた!まつげの育毛剤を数ヶ月使ってみてください。素顔に自信がつくこと請け合いですよ。

ラティースの副作用が出たとき考えるべきこと

ラティースには一般的に副作用が出ることがあると知られています。それはラティースがまつげ育毛剤であり、医薬品だからです。もとは緑内障治療のための目薬だったのですが、これには使用しているうちにまつげが伸びたという副作用が見受けられました。その目薬はルミガンと言うのですが、ラティースはそんなまつげが伸びるという点に注目し、美容目的で使用出来るように作ったものです。だからラティースは医薬品。認められている副作用は目のかゆみ、充血、目の周りの皮膚、虹彩の色素沈着、目の周りのくぼみ、眼圧の低下などです。仮にかゆみが出たとして、きっと最初に思うことは、「え、使えないの?もったいない。」だと思います。どこで買うかによりますが安くても一本1万円近くしますからね。色素沈着が表れた場合も一緒ですよね。しかし、目のかゆみなどは日をあけるなどして少しずつ塗っていけば馴れていくようですし、色素沈着も時間が経てば治るようです。だから、すぐに捨てるのはもったいないかなって思います。それでもやっぱり副作用が出てダメだわやっぱりという人は、早めに見切りをつけてまつげ美容液に切り替えましょうね!目がひどく窪んだり、眼圧が異常に下がったりするなんてあまりないと思うけど、取り返しのつかない異常が出てしまっては後の祭り。見極めが大事です。

ラティースの値段について考える

まつげ育毛剤ラティースは医薬品です。 緑内障治療のために用いられていたルミガンという目薬に、まつげが伸びるという副作用が表れたことをきっかけに、美容目的に作り変えて売り出したのがこのラティース。ラティースとルミガンの成分は一緒ですが、ルミガンの方が安価なので女性の間ではしばしばラティースの代わりにルミガンがまつげ育毛剤として使われています・・・てか、え、成分一緒?ラティースとルミガンの値段の違いはよく知られていると思います。ラティースの方が断然高いですよね!しかしそれは開発コスト、研究コスト、そのための人件費、その他の諸経費がかかってるからしょうがない、って話のはず。それは分かるのですが、じゃあなんで成分一緒なん?って思いませんか。その成分がベストだったというなら別にそれでもいいんですけど、じゃあ開発コストなんかそんなにかかってないのでは?言うほど試行錯誤してないんじゃないですか?ほとんど書類上の何かをクリアすればよかったんじゃないですか?臨床実験に時間がかかったとかかな。私たちには分からないこといっぱいあるのでしょうが、とにかくあんまり納得いかないなって思います。どっちか嘘なんじゃないの?って、どうしても思ってしまいます。

column
HOMEへ戻る